美容整形〈入門編〉

美容整形ダウンタイムとは 美容整形ダウンタイムとは 美容整形を受ける際に意識しておかなくてはならない「ダウンタイム」とは一体何か?あなたの素朴な疑問を解決します 美容整形を利用する時、必ず頭に入れておくべきものが「ダウンタイム」という期間です。言葉は聞いたことあるけど、詳しい意味が分からないという人は、美容整形クリニックに行く前に知っておく必要があります。ダウンタイムとは、手術を受けた後から、体が元の状態へと戻るまでの期間のことをいいます。術後に現れる症状として「腫れ」や「痛み」、「内出血」などがあげられますが、これらの症状が消えるまでの期間のことを指しています。
  • ダウンタイムの必要性 美容整形クリニックでは、メスを使った手術だけでなく、メスを使わずに出来る治療が増えています。どちらも肌に触れて治療を行うため、術後のダウンタイムはどうしても必要です。メスを使った手術の方が、メスを使わずに出来る治療に比べ、ダウンタイムは長いです。しかし、メスの有無に関わらず、美容整形を考えているなら術後のダウンタイムのことまでしっかり考え、仕事や家事、学校などが十分に休める時に治療を受けることが望ましいです。 美容整形クリニックで受けられる治療は、日帰り可能で、手術を受けたその日から普段通りの生活が出来るというのがほとんどです。しかし、手術を受けた箇所は術後のダウンタイムにより「腫れ」や「内出血」などといった症状が現れ、1週間程度は症状が消えません。ダウンタイムは、個人差があるので期間が異なります。しかし、美容整形をしたほとんどの人に、ダウンタイムがあるということを覚えておきましょう。 ダウンタイムの必要性
  • ダウンタイムの期間 ダウンタイムの期間 ダウンタイムは、その人の体質によって期間が異なりますが、受けた治療内容によっても違ってきます。手術を受けた翌日には腫れや赤みが引いたという人もいれば、数ヶ月それらの症状が続く人もいます。メスを使った手術よりも、メスを使わずに出来る手術のほうが、ダウンタイムは短く済みます。美容整形クリニックを利用する人の中には、家事や仕事で忙しく、ダウンタイムに要する期間をあまり確保出来ない人が多いのではないでしょうか。 ダウンタイムとして、どの程度の期間を確保しておけば良いのかということを、美容整形を受ける前のカウンセリングで、クリニックの医師にしっかり確認しておく必要があります。そうすることで、美容整形の予定を立てやすくなります。約1週間、予定を空けることが出来る日に、治療をすることがオススメです。カウンセリングに行くと、大抵は後日治療することが多いため、ダウンタイムについて医師と相談し、日程を調整して治療を受けられます。
  • ダウンタイムに個人差はあるのか? ダウンタイムには個人差があります。同じ治療を受けた人でも、ダウンタイムの期間が大きく異なります。そのため、その期間が一体どれぐらいなのかと、明確に答えることは出来ません。知り合いやネットの評判から「痛みがない」「腫れない」と知り、治療を選んだとしても、自分にそういった症状が現れる可能性は否定出来ません。体質やその時の体調により、症状が左右されます。体調を崩さないように注意し、体調が特に万全な時を狙って美容整形を受けるのがオススメです。 仕事や家事が忙しく、十分に休めないという人なら特に、少しでもダウンタイムを短くしたいと考えるでしょう。そのためには、手術した箇所を触ったり刺激したりしないことです。美容整形をした後は、出来るだけ安静にしておくことが望ましいです。術後の注意点について、美容整形を受ける前に医師と確認しておく必要があります。ダウンタイムを長引かせないためにも、体を労る生活を心掛けることが大切です。 ダウンタイムに個人差はあるのか?